2019年9月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

© 必死に美と健康と老化防止 All rights reserved.

20189/23

アイラインと瞼の関係。瞼の形を知ると自然で綺麗なラインが描ける

アイメイクが上手く描けない、って悩んだことありませんか?

よくアイラインがキレイに引けておらず、浮いている方がいます。

年とともにアイラインが引きにくくなることも原因の一つですが、まぶたの種類によってアイラインも見え方が変わってきます。

やってしまいがちな失敗メイクは目を大きく見せたいがために黒のアイラインでしっかり描いてしまうことです。

皆が皆、このメイクで自然なアイメイクができるとは限らないし、必ずしも大きな目元に仕上がるとは限らないのです。

今回、より自然にアイラインが引けるコツをまぶたの種類別に紹介していきます。

 

まぶたの種類別化粧法

一重まぶた

目を大きく強調したいからといって、アイラインをしっかり描いてしまっていませんか?

 

リキッドであれペンシルであれ、太いアイラインをしっかり引いてしまうと実は逆効果なのです。

 

フレーム効果で小さく見えてしまうことだってあります。

 

一重さんのアイラインは見えないインラインと目尻よりオーバー目の細いラインがポイントなのです。

 

そこで一重まぶたのアイラインにはペンシルよりもリキッドアイライナーの方が適しており、更に黒のアイライナーがピッタリなようです。

 

〈リキッドアイライナーの引き方〉

少し目尻よりもオーバーめに細くラインを引いたら、指でまぶたを持ち上げて、粘膜とまつげの間を埋めていきます。

 

シンプルなラインの引き方なようですが、隙間を丁寧に埋めることで自然な黒目がちな目元に仕上がるのです。

 

〈ペンシルとリキッドを上手に使いこなす方法〉

ペンシルライナーで目の際であるインラインを引き、目尻はリキッドライナーで流すようにスッと引きます。

 

先程紹介した、リキッドアイライナー一本で引いてしまうよりも抜け感があり、より自然な目元に仕上がります。

 

〇奥二重まぶた

奥二重のまぶただと太く引いてしまうと二重の幅が消えてしまうので細く引く必要があります。

 

そして、なんとなく奥二重のまぶたはつり目に見えてしまうことが多々あるかと思います。これは目尻だけが二重になっていることが一つの原因です。

 

目尻はなるべくはね上げて描かずに下の方向に伸ばして描くことでタレ目で優しい印象の目元になります。

 

奥二重まぶたの方には細目のアイラインとブラウンのアイライナーがいいとよく言われています。

 

なぜブラウンかと言うと、奥二重のまぶたは腫れぼったい印象を与えてしまいがちです。

 

そしてそれでお悩みの方も多いはずですよね。

 

スッキリとした目元で、さらにより自然な優しさの印象になるように仕上げるには、アイラインで目の輪郭を変えるよりも色の力を借りることが有効的なのです。

 

〈ブラウンのリキッドアイライナーでの引き方〉

奥二重のわずかな隙間からでもラインが見えるように目頭から目尻までを、まぶたの際から外れることなくなるべく細く引きます。

 

より自然にハッキリとした目元に仕上げる方法として、黒目の上下だけ太めにラインを引き、下まぶたにはブラウンのペンシルアイライナーを使います。

 

黒目の上下だけしっかり描いてしまうことにより縦の幅が広く見える効果があります。

 

応用編として、ボルドーなどの赤みのあるアイライナーをプラスすることがおすすめです。

 

目を伏せて目尻に真横に向かってスッと短めに引くことがポイントです。

 

目を開いた時に程よいタレ目な目元になり、女性らしい優しい目元になります。

 

全体に太く引いてしまうと、二重の線がつぶれて逆に鋭くなってしまうので要注意です。

 

一重のまぶたも奥二重のまぶたも、必ず黒のリキッドアイライナー、ブラウンのアイラインというわけではありません。

 

ポイントは一重の方はまつ毛の隙間は丁寧に埋めて目尻よりも少し長めに引くこと、奥二重の方はなるべく細く、そして目尻はやや下向きに描くことです。

 

そして両者とも、漆黒アイラインできっちり引いてしまわないことです。

 

王道なアイラインの引き方ですが、透明感ゼロでいかにも「ガッツリ引いてます」という目元になりがちなので注意しましょう。

 

 

〇二重まぶた

くっきり二重で元々目ヂカラが備わっているいわゆる「派手顔」な方が黒ラインをがっつり入れてしまうともったいないです。

 

そんな二重まぶたには、ペンシルライナーで隙間埋めに徹したアイラインです。

 

まぶたを持ち上げ、下側から小刻みに隙間を埋めます。そうすることで自然な品のある目元に仕上がります。

 

そして、「二重まぶた」といっても皆が皆同じ二重ではありません。幅の広さは人それぞれですが、今回は二種類にわけて紹介します。

 

〈末広がり〉

目頭は引かなくても大丈夫なのですが、目と目の幅を気にしているなどで引きたい場合はなるべく細めに引きます。

 

黒目の上と目頭のみをやや太めに、目頭の切開ラインは引かずに、目尻のみオーバーラインを引きます。

 

目尻に重点をおいてアイラインを引くことで二重幅を活かした、よりパッチリとした目元に見せることができます。

 

〈平行幅〉

外国人のような目元でアイラインを引かなくても目が大きく見えますが、二重の幅が大きければ大きいほど腫れぼったく眠たそうな印象に受け取られがちです。

 

このような場合、目を伏せたり瞑ったりせずに、目を開けた状態で1mm程ラインが見える程度にしっかりと引いていきます。

 

どんなに目を大きく見せたくても、目頭の切開ラインや目尻のオーバーラインは、平行な二重まぶたの方が行うとケバくなりキツい印象になりがちなので注意が必要です。

 

まとめ

年とともに上まぶたがたるんできてアイラインが引きにくくなるということもよくある悩みです。

 

しかし、年の関係だけでなく自分のまぶたに合ったアイラインの引き方があります。

 

さらに目を伏せて描いた時といざ目を開いる時とでは見え方も変わってきます。

 

自分に合った自然なアイラインの引き方を見つけてみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


20193/24

3300年前の万能薬・ブラッククミン

古くから万能薬で用いられ、イスラム教の預言者モハメッドは「死以外のあらゆる病を癒す薬」と絶賛したブラッククミン! ク…

20193/14

ステージ4から生還した人の話し

下記のラインが届きました。 58才、男性の話しです。 サプリの世界では良く耳にする体験ですが、知人で聞いたのは初めてでした。 &nbs…

20188/23

3つの目元の皺に効くツボ

目元が若返ると見た目年齢もマイナス五歳! 皺の対策をすることは見た目を若々しく保つためにも重要です。 特に目元の…

20186/14

アンチエイジングに欠かせない事

シミや皺、それにたるみ…年を重ねれば出てくる悩みにどう抗っていくか―それがアンチエイジングです。 エイジング効果の高い…

20186/13

シミ・皺対策の基本

フケ顔を作ってしまう“シミ”と“皺” 年齢を重ねるにつれて気になる肌悩み… お顔のくすみやたるみ等、あげだ…

ページ上部へ戻る